跡継ぎがいなくても任せられる

生前契約も可能

女の人

神奈川で跡継ぎがいなかったり身寄りが少ないなどの悩みを持っていて、お墓や供養のことで不安なら、永代供養を行ってくれる霊園がおすすめです。
また家族がいても遠方に住んでいて、お墓の管理が難しい人も相談してください。
現代は昔と異なり未婚のまま生涯を終える人は増えています。
お墓を管理して供養してくれる人がいないことは珍しいことではないのです。
そんなときは神奈川の永代供養霊園なら、元気なうちから契約しておくこともできるので安心です。
また亡くなった身内の遺骨を納骨する霊園が、決まっていない人も埋葬してくれます。
自分の死後きちんとした霊園に埋葬して供養してもらえるのか、はっきりしなければ毎日を落ち着いて過ごすことができないです。
しかし神奈川の永代供養霊園なら、墓石に戒名や俗名が刻印されて過去帳にも記録されます。
また物故者の位牌も遺骨も丁寧に骨壺に納めてもらうことができます。
定期的に供養も行ってもらえるので、気持ちに余裕も出てくるのです。
そして神奈川の永代供養霊園の特徴は、宗教や宗派にかかわりなく供養してもらうことができることです。
また供養のためにお寺の檀家になる必要もないので、余分な費用がかかる心配もないのです。
神奈川の永代供養霊園は遺族もゆかりの人も、いつでも供養のために訪れることができます。
後に無縁墓地になることはやはり寂しいことです。
彼岸の世界に行ってもきちんと供養してもらえることは嬉しいことです。

資金計画とお墓の選び方

線香

ランキングサイトを使って最新情報を調べるのが、神奈川県内で質の高い霊園を見つけるための基本です。
永代使用料が100万円前後の霊園が中心ですが、墓石工事も含めた場合の総額は、200万円前後のケースが多いです。
そのために神奈川でお墓を探すプロセスで、自己資金の準備やローンの支払いなども含めて、資金計画を十分に立てるのが理想的です。
お墓を建てるためにメモリアルローンを活用する場合には、複数の金融機関の融資条件を比較して、利用しやすいサービスを選ぶべきです。
また管理体制を重視して、神奈川県内でお墓を探す人が注目しているのは、区画数が5000以上の大規模な公園墓地です。
スケールが大きな霊園には、専門の管理スタッフが常駐しており、法事や会食に活用できるホールも完備しているのが魅力的です。
海の近くや緑に囲まれている霊園が神奈川県内には多いですが、お墓参りのしやすさを重視する場合には、ビル型の納骨堂が最適です。
一人用や二人用のタイプも数多くあるので、一人暮らしの人や夫婦だけの世帯の間でも、駅前に立地する納骨堂は評判です。
他にも、一人暮らしの人や、家族に負担をかけたくないと考える人々が選ぶのが、神奈川県内の宗教法人が運営する永代供養墓です。
永代供養墓についてはインターネットで調べることができるので、費用が50万円前後の格安なお墓も、スムーズに探せるでしょう。
特に30年以上にわたって骨壺に安置してくれるプランや、僧侶による定期的な法要が完備している点も、選ばれている理由です。

種類と特徴

男の人

神奈川県には故人を供養する霊園がいくつも存在しており、大抵は立地や料金によって選ぶ人も多いです。
菩提寺があって墓を継承するなら霊園の選択をすることは難しいですが、これから選ぶ際はいくつかの種類があるので、契約前に確認しておくと良いでしょう。
遺骨を納める場所を一般的に墓地と呼びますが、正確には寺院の境内にあるものを墓地と呼び、それ以外のものを霊園と呼んでいます。
基本的には神奈川の寺院にあるものを墓地と呼び、霊園は大まかに分けて公営と民営の2つとなっています。
寺院墓地はお寺が管理していることもあり、手厚い供養が受けられ、法要の後にお墓参りができるのが特徴です。
昔は宗派によって厳しい制限がありましたが、近年では宗派不問のところも増えており、檀家離れの影響から一般にも開放され、神奈川でも利用できるところが増えています。
公営の霊園は文字通り神奈川の自治体が運営する墓所で、使用料や管理費用が安く利用できるのが特徴となっています。
指定エリアの住民だけが利用できるなどの条件はありますが、多くは都心など生活圏に近い立地のため公営は人気が高いです。
そのため、競争率が高く、霊園によっては抽選が行われることもあります。
民営の霊園は文字通り宗教法人などの企業が運営する墓所で、管理費用などは高くなりますが、宗教や宗派に関係なく利用できるのが特徴です。
お墓の形状も制限がなく、区画も広く利用できるので、ゆったりしたスペースを望む人に人気があります。
バリアフリー化や管理棟が近くにあるなど、高齢者でも利用しやすくなっていますが、多くは土地が広く安い郊外にあります。